ロリ系の女の子がいるお風呂屋さん「ナタリー」ラチャダピセーク通り

ロリ系の女の子がいるお風呂屋さん「ナタリー」ラチャダピセーク通り

ラチャダピセーク通りは、お風呂屋さんが密集しているエリアです。バンコクを走っている地下鉄MRTの、タイ文化センター駅からフワイクワーン駅のあいだにお風呂屋さんが点在しています。

 

日本人に人気の風俗店

そこで今回はラチャダピセーク通りにある、お風呂屋さんをご紹介します。まず日本人に1番人気のお風呂屋さんが、「ナタリー」です。ズバリこの「ナタリー」には、日本人好みの可愛い娘が揃っています。特にロリ顔やロリ体系が好みの方には、堪らないお店かもしれません。

 

ナタリーの相場や値段とシステム

ひな壇のタマダー(普通)クラスの女の子は1800〜2300バーツで、サイドには明らかに日本人を意識した品揃えで、十分に選べるレベルです。ただサイドの女の子達は2時間で2600〜3000バーツで、最初ぼっているのかと思いました。

 

日本語が喋れるコンシアがサイドの女の子達を勧めてきますが、あくまで自分で選びましょう。サイドの女の子達は確かに顔は可愛いのですが、サービスに当たり外れがあります。

 

ここのお店は女の子によって、生尺の場合とゴムを着用してフェラをする娘といます。ゴムを着用してフェラをする娘は、それだけで減点50と自分で決めているので、初めての娘を指名する時には、必ずコンシアに生尺かどうかを尋ねるようにしています。

 

どんな子がいるの?

「ナタリー」のサイドの女の子達はチェンマイやチェンライ出身の娘が多く、顔立ちも日本人に近く色白です。それに対してひな壇のタマダーの女の子は色が少し黒い女の子達が多く、タイ人の客はほとんどひな壇のタマダーの女の子達を選んでいます。

 

サイドの女の子達はロリ系も多いのですが、ゴムを着用してフェラをする娘がほとんどで、キスや乳首を舐めるのも嫌がる娘が多くサービスはあまり期待できません。

 

「ナタリー」は日本人に人気があるお風呂屋さんなので、日本人専用のカラオケ店やタニアから流れてきている女の子達も何人かいます。これまで日本人客を相手にしてきているので、日本語も喋れる娘がほとんどで日本語の会話には困りません。

 

部屋は清潔感があり綺麗で、タマダーの女の子達のなかにはマットサービスをしてくれる娘もいます。サイドの女の子達のなかには、大学生のアルバイトもいるようですが、真偽のほどは分かりません。ただ学生のアルバイトの場合は金曜と土曜日の週末のみの出勤がほとんどなので、興味がある方は週末に「ナタリー」を覗いて下さい。