タイ風俗で働く女の子の背景を知る

タイの風俗嬢にハマる日本人男性

タイに旅行に来る男性の目的は、オキニを求めてくる方がほとんどです。初めてタイに来られた男性が日本の風俗にはない魅力にハマリ、リピーターになるパターンですね。

 

なかにはタイの風俗で働いている女の子に、日本から何万バーツも送金している日本人も少なくありません。日本円で何百万円も騙されたとか、騒いでいる日本人もなかにはいます。

 

タイ風俗の女の子の背景

そこで今回は、タイ風俗で働く女の子の背景を詳しく説明していきます。

 

バンコクの風俗で働いている女の子は、ほとんどが地方出身者です。バンコクに親がいる場合はさすがに、バンコク市内の風俗店では働けないようです。この辺りは日本人と同じような理由ですよね。

 

 

そして、同じバンコク市内の風俗店でも、働くエリアによっても出身地が異なります。

 

たとえばタイ人が遊びに行くバンコク市内の歓楽街スティサンで働く女の子は、イーサンと呼ばれるタイ東北地方の出身者が多いのが特徴です。イーサン出身の女の子はスティサンだけでなく、スクンビット通りにある歓楽街ナナプラザやソイ・カーボーイにもたくさんいます。イーサンの娘が多いのはイーサンには特別な産業もなく、収入がないからです。

 

そのためイーサンの女の子は風俗店で働いているだけでなく、バンコク市内の屋台などの子もほとんどがイーサン出身者です。もちろんイーサン出身の女の子だけでなく、他の県からバンコクに出てきて風俗で働く女の子もいますけれど、割合としてはかなり多いんですね。

 

言葉の問題で働くお店を選ぶ

女の子がバンコク市内の風俗店で働く場合も、お店に訪れる客がタイ人か、ファランと呼ばれる欧米人か、日本人かによってお店を選んでいるようですね。タイ人のお客を相手にする女の子の場合は、タイ人向けのソープやカラオケ店かスティサンなどで働いています。これはやはり、言葉の問題が1番大きいようです。タイ語でしかコミニュケーションを取れない子の中には、客層によって店を選ぶのです。

 

 

ファランが訪れる風俗店で働いている女の子の多くは、英語を喋れます。風俗店に限らず欧米人が多いスクンビット周辺のタイ式マッサージ店で働いている女の子のほとんどが、暇があると英語の本を開き勉強しています。

 

日本人が訪れる風俗店で働いている女の子の場合は、日本語が喋れる女の子が多いのも風俗嬢にとって言葉が収入に反映するからです。

 

それとタイの風俗嬢がファランや日本人のお客を好むのも、ファランや日本人の場合は気に入ってもらえば、送金してもらえる可能性があることを知っているからです。ただファランや日本人がタイの風俗嬢に騙されたという話はよく聞きますが、本当にところはファランや日本人の多くがお金で女を買っただけなのに、心までお金で買えると勘違いしているようにしか見えません

 

いままで、私が見てきた限りでは、風俗店で出会った女の子と心から通じ合うのはほんの一握りの例しかありませんから。それでも尽くしてしまうのも男の悲しさかもしれませんね(^_^;)